Sueharu

記事一覧(2)

全国最年少防災士が行く!⑥北区

大阪市内各区のまちに様子から災害リスクを見つけ、備えにつなげる連載。第6回は北区を訪問し、上野信子区長にお話を伺いました。【北区の特徴】・人口129,941人、世帯数78,211、面積10.34㎢(平成30年3月1日現在)・1日の乗降客数43万人を超える大阪駅を抱える・夜間人口11万人、昼間人口38万人【北区の災害リスク】・大阪駅やオフィスビルを抱え、帰宅困難者が考えられる・一部地域には木造住宅の密集地がある・北部には淀川、南部には堂島川を抱える【北区の災害対策】・区長は区役所まで10分で到着、即対応にあたる・各職場での備蓄を啓発・水とトイレを重点的に配備【防災のために小学生ができること】・自分の身を守る・手伝えることは率先して参加する・地域に興味を持ち、地域のことをよく知ること【インタビューを終えて】・「帰宅困難者」、「高層ビル」、「木造住宅」、「河川」と多様な災害リスクを抱える北区。だからこそ、住人や企業に備蓄の啓発を積極的に行っており、区役所前の掲示板や各フロアに災害マップを掲示するなど災害への意識向上を進めている。・防災において地域のつながりは非常に重要であり、日頃から地域住民との関係が大切だとのお言葉を頂きました。上野区長、ありがとうございました。

全国最年少防災士が行く!⑤中央区

大阪市内各区の町の様子から災害リスクを見つけ、備えにつなげる連載。 第5回は中央区を訪問し、田端尚伸区長にお話を伺いました。 【中央区の特徴】 ・人口96,725人、世帯数61,651、面積8.87㎢(平成30年2月1日) ・官公庁、オフィスが密集・大阪城、道頓堀といった観光施設。大阪城ホール、ピース大阪といった集客施設。なんば、天満橋といったターミナル駅を抱える【中央区の災害リスク】・平成22年国勢調査において夜間人口78.687人に対し、昼間人口465,786人とおよそ6倍・海外からの観光客の増加による多言語対応【中央区の災害対策】 ・各地域にガスボンベ対応発電機の設置・直近参集制度(大阪市職員のうち中央区に居住する職員のリストを管理し、非常時は勤務先ではなく最寄りの区役所へ参集する仕組み)の整備(大阪市全域)【防災のために小学生ができること】 ・落ち着いて、自分の命は自分で守る。・小学校が避難所になる場合は、内部をよく知る者として手伝ってほしい。 【インタビューを終えて】 ・オフィスビル街を実際に歩いてみると、ガラスを多く使っている建物が多く、非常時にはガラス片の飛散が考えられる。・様々な人が集まる場所であり、多言語対応も早期に必要であると思った。・地域の一員として、企業も住人の一人として一緒に考えることが大切。田端区長、ありがとうございました。